静岡県内で、ものづくりに携わる職人・技能者や関連イベントをご紹介
  1. HOMEイベントレポート > レポート
2011年10月29日~2011年10月30日 WAZAフェスタ2011 in しずおか (10/29) [ツインメッセ静岡] DIGEST 「ものづくり」の楽しさや「技能」の素晴らしさを静岡県民にアピールするため10/29より2日間にわたりWAZAフェスタ2011 が開催。会場内は小・中学校等による技能競技大会をはじめ技能士の指導によるWAZA体験コーナーや展示・販売コーナーなど楽しみなイベントが盛りだくさん。29日の技能競技大会は「ホームページ作成」「喫茶サービス」など11種目が行われる障害者競技大会や県内の中学校から選抜された生徒達が「わざ」を競いあう中学生技能競技大会の「フラワーアレンジメント」競技が開かれ、大人顔負けの職人技に注目が集まりました。
「WAZAフェスタ2011inしずおか」とは
「ものづくり」の楽しさや「技能」の素晴らしさを静岡県民、特に若者にアピールするとともに、ノーマライゼーション※1の普及とユニバーサルデザイン※2の推進を図る。

「WAZAフェスタ2011inしずおか」主な内容
小学生技能競技大会
中学生技能競技大会
障害者技能競技大会
障害のある方と「ものづくり」を通じてWAZAの交流広場
技能士さんの指導によるWAZA体験コーナー
優秀技能者の名工展。展示・販売コーナー


※1 高齢者や障害者などを施設に隔離せず、健常者と一緒に助け合いながら暮らしていくのが正常な社会のあり方であるとする考え方。また、それに基づく社会福祉政策。

※2 年齢、性別、身体的状況、国籍、言語、知識、経験などの違いに関係なく、すべての人が使いこなすことのできる製品や環境などのデザインを目ざす概念。具体的には、どこの国の人にもわかるようにシンプルなイラストなどで表示された案内板や、床面を低くして高齢者でも乗りやすくしたノンステップバスなどが、ユニバーサルデザインの例としてあげられる。
未来へ向かって
七五三や成人式などでは必ずといっていいほど着られる日本の民族衣装「着物」。普段の生活では滅多に着る機会がなくなりました。更に着なくなった着物や振袖は捨ててられてしまうことが多いとのこと。「和裁技能士会」のコーナーでは、そんなタンスの奥にしまわれている着物を活用して、個人や家族の思い出としてディスプレー用のミニチュアサイズを作ったりお孫さんの七五三の着物にしつらえたりと新たな着物の活用方法を提案されていました。

新産業パークのコーナーでは、「県工業技術研究所」が水素と酸素の電気化学反応で電気を取り出して利用する燃料電池の研究・開発をご紹介。アルコールから水素を取り出し燃料電池に供給することでエネルギーを得る仕組みの開発は、携帯電話の充電時間を全くかからなくする事(アルコールを携帯電話に数滴入れるだけでOK)ができる事を教えていただきました。未来に向けて、燃料電池で走る近未来自動車の発展につながりそうです。
「浜松職業能力短期大学校」ブースでは、プロペラが4つのラジコンヘリコプターを展示していました。地震などの災害が起こった場合に簡単に人が入り込めない場所の調査にカメラを搭載したラジコンヘリを飛ばすことによって、現場の状態をいち早くキャッチできます。

非常にユニークで楽しかったのは「ムービング座布団」という名前の電動車です。操作はいたって簡単でハンドルの代わりにスイッチ操作をします。左右にあるスイッチの両方を前に押すと前進、後ろに押すとバック、片方だけを前に押すと、押した側の方向に曲ります。前進から急に後退にするとブレーキになります。

「WAZAフェスタ」では、ただ単に技能士達の「匠の技」や開発者の方々の「成果」を見学するだけではなく、体験または技能士さんとのふれあいを通じ、ものづくりへの興味や好奇心をかき立たせてくれるとても工夫された奥深いイベントとなっていました。
緊張感が伝わってきます
障害者競技大会(アビリンピック)「喫茶サービス」競技。
レストランでの接客スタイルで競われるこの競技、お客さんがお店にこられて「いらっしゃいませ」とお迎えするところから競技が始まります。選手の関係者が遠くから心配そうに見つめる中、審査員の方たちがテーブルのすぐそばで審査していました。競技は一人ずつ順番に行われます。選手達は緊張してなかなか普段の練習どおりにはいかない様子。

お客さんをテーブルにご案内してお水を運びます。注文を受けて厨房にオーダーを出し、料理をテーブルに運び、食べ終わったものを片付けてお金をいただいて、お帰りのお見送りをする。この一連の流れが審査対象となります。

ピンと張り詰めた会場内では、緊張しすぎて途中座り込んでしまう選手もいたりと選手の緊張は想像を絶するものでした。
中学生技能競技大会「フラワーアレンジメント」競技。
静岡県内の中学校で開催された「WAZAチャレンジ教室」から選抜された18名の選手が「わざ」を競い合いました。広い会場の一角を仕切った競技会場ですが、この空間は色とりどりの花を使っているせいか、とても明るく華やかでした。選手達は、デザインを頭に描きながら見事な手さばきで花を剪定(せんてい)し作品を仕上げていきます。

作品は、小さいながらも花の大きさを見事に揃えたものや葉っぱを大胆に利用したものなど、どの作品も「WAZAチャレンジ教室」での経験を活かして工夫を凝らした大作ばかり。

競技を終えて全員の作品が並べられたテーブルには、見事な作品の出来栄えに多くの来場者が写真撮影をしたりくい入るように作品をみつめる姿が多くみられました。
インタビュー [INTERVIEW]
Question   「木工体験」はどうでしたか? Answer お母さん「娘と一緒に参加しました。非常に楽しかったです。なかなか家で作ろうとしても道具がなかったりして大変ですが、ここでは全て揃っているからいいですよね!」 
娘さん「釘を打つのが曲がっちゃうので大変でした。また来年も来たいです。」
Question   「アートモザイク体験」はどうでしたか? Answer お父さん「これをやるために家族でやってきました。家族で楽しめました。」
娘さん「タイルをはめ込むのが難しかったけど、凄く面白かった。パパと一緒にできてよかった。」
お母さん「パパが本気モードで・・・(苦笑)。でも楽しかったです。」
WAZAフェスタ2011
ツインメッセ静岡にて開催されたWAZAフェスタ2011の様子
上へ戻る
一つ前へ戻る
各ページ掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 2011 静岡県ものづくり人材図鑑. All Rights Reserved.