静岡県内で、ものづくりに携わる職人・技能者や関連イベントをご紹介
  1. HOMEイベントレポート > レポート
2011年10月9日 富士市技能フェスティバル [富士市柳島ふじさんめっせ] DIGEST 長い歴史の中で代々引き継がれてきた職人の「わざ」を次世代に伝承していくこと、手づくり品の良さを知ってもらうためのイベントも今回で33回目。会場内は、卓越した技術を持つ富士市の認定を受けた「マイスター」達によるものづくり教室や展示・手づくり品の販売など、様々なコーナーがたくさん。「ものづくりチャレンジコーナー」では、職人さんの「わざ」に関心しながら、多くの来場者がものづくりにチャレンジしていました。
新たに「マイスター」に認定された方の紹介もあり、開場前から多くの来場者で長い行列ができていました。地元商店から多種多様な出品もあり、盛況なイベントとなりました。

同時開催 第8回「異業種合同フェア」
第33回 富士市技能フェスティバルとは
富士市技能職団体連絡協議会に所属する「衣・食・住・商」に関する専門的な知識をもち、卓越した技能を地域社会へ貢献することを目的とする職人の19団体と富士市との協力により、「マイスター」と称される職人の技術や手づくり品の良さに触れてもらうイベントです。次代を担う子どもたちに「ものづくり」の大切さを伝え、技能・技術への理解を深めることにより、地域産業の振興を図ります。

また、財団法人富士市勤労者福祉サービスセンターに加入している中小企業のPR・販売を行う
「異業種合同フェア」も同時に行われました。

≪ものづくりチャレンジコーナー≫
「めざせ匠人(たくみびと)」と銘打った「ソーセージづくり」「こて砂絵教室」「炭とこけのミニ庭園造り」「ミニ樹木の寄せ植え」「デコレーションペインティング」の体験コーナーも開催されました。
いつまでも飾っておきたい! 
さわやかな秋晴れに恵まれた中、新幹線新富士駅北側に位置する「ふじさんめっせ」には、開場を待ち切れない多くの人々が長い列を作っておりました。開場されると同時に、わた寝具組合のブースに人波が押し寄せます。寝具の格安販売が人気の的のようです。また、人一倍、人だかりができているテーブルを覘いてみると、そこには予約した体験コーナー開始までの空き時間を有効に使って、和菓子ブースで「ねりきりの上生菓子」づくりに挑戦する小学生の姿がありました。

その横では、職人さんから教えてもらいながら「ねりきりの上生菓子」を一生懸命に作り上げていく我が子の表情を見逃すまい!と必死にビデオに収める親御さんたちの姿も。子供達は、出来上がった品を職人さんにケースに入れてもらい、とっても嬉しそう。自分がつくった作品は格別ですね。両手で包みこむように大切に持つ子供達が印象的でした。
大人達が興味をそそられたもの。それは「ミニ樹木の寄せ植え」と「炭とこけのミニ庭園づくり」。「ミニ樹木の寄せ植え」は廃材として廃棄されてしまう瓦をマイスターのアイデアで受け皿として再生し、その上に土と石を盛り、ひのきやもみじ等の苗木を思い思いの配置にバランスよく植えていくもので、マイスターの親切丁寧な指導で瞬く間に作品は出来上がります。

ミニと表記されていますが、瓦一枚はかなりの大きさです。「炭とこけのミニ庭園づくり」は小さなお盆の上に炭を固定して苔と白い石と苗木でミニ庭園を作り上げます。作る人のセンスが問われ、黒白緑のバランスが出来上がりの良さを左右するようです。体験する人達は炭を固定する位置決めから悩み始めます。苔は丁寧に敷き詰めるだけなのですが何度も置き換えバランスを考えます。完成までにはかなりの時間を費やしていました。
体験することが楽しい!
「デコレーションペインティング」には親子での参加が目立ちました。カラフルな見本の色使いが女性にも大人気。マイスターさんの優しい教え方と人柄が更に人気度をアップしていたようです。作られた方の「気持ち」が伝わってくるような素敵な作品ばかりで、参加された皆さんは皆、笑顔でいっぱい。

「こて砂絵教室」では、小さな子供から大人まで幅広い層が参加していました。気に入った型紙の上から「こて」を使って砂壁材を塗り、作品を作り上げていきます。この一画にはいると、時間の流れがゆったりと流れているように感じられたから不思議です。参加者の皆さん、じっくりと時間をかけて作品に没頭する姿はまるで芸術家そのものでした。「ソーセージづくり」も大人気です。国際ハム・ソーセージコンテストで優勝経験をもつマイスターの兄弟が「本物の味」を格安の参加料で親切に教えていました。
他にもたくさんの体験コーナーがありました。特に「組子コースターづくり」「小座布団づくり」「キャラクターアート」「ミニござ」などが子供達に大人気。専用工具や慣れない道具を使う子供達を親が心配そうに見守る姿は微笑ましい光景でもありました。変わった?体験では「延長コードづくり」などもあり、参加者には女性の姿もみられました。

フジレールクラブの協力で出品された鉄道模型の巨大ジオラマには親子で見入る姿や懐かしそうに見つめる大人の姿がありました。どこも盛況で賑わいのあるコーナーばかりです。地元の名産品を扱うブースでは、目的の品や格安商品を求める人達が後を絶ちません。お祭り気分で値段交渉をしている人達もいたりと、終日会場内は賑わいをみせておりました。
インタビュー [INTERVIEW]
Question   「ミニ樹木の寄せ植え」はいかがでしたか? Answer ・簡単に出来てこんなに安い体験料で申し訳ない。 
・とても素晴らしい出来に大満足。        
・家に飾るのが楽しみ。             
・毎年ひとつづつ作り続けていきたい。      
・もっとじっくり作りこんでみたかった。     
Question   「デコレーションペインティング」はいかがでしたか? Answer ・ピンクが好きなのでたくさん使えてうれしかった。
・細かい作業かなと思ったけど案外簡単で面白かった。
・子供と一緒に同じ物を作れてうれしかった。
・初めての体験でしたが、見本の色使いがとても素敵で、同じものを作りたかったが、なかなかうまくできなかったのが残念。
Question   「炭とこけのミニ庭園づくり」はいかがでしたか? Answer ・簡単でかわいくて楽しくて大満足。
・炭がこんなに奇麗に役立つとは思わなかった。
・何種類も作りたくなる。
・ハマってしまいそう…
・体験料が安くてうれしい。
Question   「こて砂絵教室」はいかがでしたか? Answer ・うまく塗れなかったけど、手伝ってくれたから出来た。
・じっくり時間をかけて体験させてもらい感謝します。
・落ち着いたいい作品に仕上がった。
・ぬり絵みたいでよかった。
・面白いよ〜。
富士市技能フェスティバル
富士市技能フェスティバルの様子です。
上へ戻る
一つ前へ戻る
各ページ掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 2011 静岡県ものづくり人材図鑑. All Rights Reserved.