静岡県内で、ものづくりに携わる職人・技能者や関連イベントをご紹介
  1. HOME静岡県ものづくり人材図鑑 > 職人・技能者
浜松職業能力開発短期大学校 ポリテクカレッジ浜松 [東海職業能力開発大学校附属 浜松職業能力開発短期大学校] 産業界の生産現場では、著しい技術革新に対応できるよう、科学技術についての基礎知識と理解力を持つと同時に、技術・技能を支えとする「ものづくり」に貢献できる実践技術者の需要が高まっています。このような実践技術者の育成を目的として、独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構が設置・運営している工科系の職業能力開発短期大学校です。
プロフィール [PROFILE]
名  称:東海職業能力開発大学校附属 浜松職業能力開発短期大学校
愛  称:ポリテクカレッジ浜松
住  所:静岡県浜松市南区法枝町693
電話番号:053-441-4444
学科構成:・生産技術科 ・電気エネルギー制御科 ・電子情報技術科 ・電気技術科
入学資格:・高等学校をすでに卒業した者 ・高等学校卒業と同等程度以上の学力を有する者
定員:下記に記載
即戦力の実践型カリキュラム
◇指導員に聞く:学務援助課長 岡崎 仁(おかざき ひとし)さん

――学校全体の教育方針・特徴はどのようなことでしょう。

産業界の変化に対応できる、技能・技術および知識を兼ね備えた実践的な技術者を育成していくことが教育方針です。各科20名から30名という少人数制での教育訓練により、就職後即戦力として働けるように実験、実習など実践を重視しています。企業実習もカリキュラムに入っています。

また、地域への事業主・団体等の人材育成については、能力開発セミナーとして技術等の講習をおこなうとともに、教育訓練の相談・実施支援(職業能力の開発および向上、提案、指導員派遣、施設貸与、各種情報提供など)、教育訓練などに関する情報や資料の提供なども、積極的に行っています。
学科の紹介
――それぞれの学科で習得できる内容、取得できる資格を教えてください。

《生産技術科》……定員30名
製造技術のさまざまな機械部品の設計、製図ができ、汎用工作機械の活用に必要な技能・技術を習得します。その上で、現在の精密機械部品などは形状がより複雑化していますから、最新のCAD/CAMシステムや高機能なNC工作機械を活用し、製作できる能力を習得します。同時に、生産工程の管理や改善を提案できるような教育訓練のカリキュラムを組んでいます。ガス溶接技能講習や労働安全衛生法に基づく研削用といしの取替等の業務に係る特別教育(機械研削・自由研削)、アーク溶接等の業務に係る特別教育、低電圧取扱業務に係る特別教育など現場で必要となる資格が取得できます。さらに技能検定3級および2級(機械加工、機械、プラント製図)の資格を取得できる勉強もカリキュラムに含まれており、毎年多くの学生が取得しています。


《電気エネルギー制御科》……定員20名 平成24年度の4月から新たに開設
再生可能エネルギーや分散電源の活用拡大を考慮したエネルギーの有効利用に関する計画・実施・評価・改善などができ、これらの電力設備に関する計画・施工・管理、さらには自動機などの産業機械の制御技術を習得する教育訓練も行っています。労働安全衛生法に基づくアーク溶接等の業務に係る特別教育、低電圧取扱業務に係る特別教育など現場で必要となる資格が取得できます。また、電気主任技術者(第三種)、電気工事士(第一種、第二種)を取得できる勉強もカリキュラムに含まれています。
学科の紹介
《電子情報技術科》……定員20名
移動体通信技術、各種センサー活用技術などを取り入れたコンピューターによる、取組みシステム構築技術などに関する高度な技能を習得する教育訓練をカリキュラムにしています。電子機器組み立ての技能検定3級と2級の資格を取得できる勉強もカリキュラムに含まれており、毎年多くの学生が取得しています。

《電気技術科》……定員15名
工業用動力電源や商業用電源を活用した比較的大きなアクチュエーターの制御に必要なパワーエレクトロニクスや電気機器について、その活用ができる教育訓練をカリキュラムにしています。そして、デュアルシステムといった若者自立・挑戦プランの一環で、やる気のある若年者の職業的自立を促進するプログラムを組んで、委託型と就労型の企業実習も行い、より実践的な知識と技術が取得できます。労働安全衛生法に基づくアーク溶接等の業務に係る特別教育、低電圧取扱業務に係る特別教育など現場で必要となる資格が取得できます。また電気主任技術者(第三種)、電気工事士(第一種、第二種)の資格が取得できる勉強もカリキュラムと企業実習によって、習得でき、毎年多くの学生が取得してます。
テクニシャン・エンジニアを育成
――現在、大変な就職難ですが、学校では何か対策は取っていますか。また、企業と何か連携を図っていますか。

キャリア・コンサルティングに基づく職業の指導、企業実習の実施、ジョブ・カードの作成などを行っています。そして、一年次の12月から個別面談なども開始し、2月には学校独自の企業説明会を開催しています。当校は、地域の企業や事業主団体が実施する研修の支援など、積極的に多くの企業との関わりを深めています。

――日々進歩する技術に対応するために、指導員に対する研修などは何か実施していますか。

高齢・障害・求職者雇用支援機構として、技術面からの就職支援、訓練カリキュラムなどの企画・開発に関する研修など、体系的・計画的に実施しています。
インタビュー [INTERVIEW]
Question   卒業生はどのような職種に就職していますか? Answer 各科で習得した技術・技能に関連した職種です。製造業における機械技術者、金属工作機械作業従事者、電子・電気技術者として就職しています。

――各学科の就職率はどれくらいですか?
平成23年度の全体の就職率は96.6%です。生産技術科と制御技術科は100%です。
Question   指導内容で他大学、短大などより優れている点はどのようなことでしょう。 Answer 生産現場で必要となる技能・技術の修得と、それらに関係する理論を有機的にバランスよく結びつけたカリキュラムにより、みずから「ものづくりができる」テクニシャン・エンジニアを育成することが当校は優れています。
Question   どのような学生の入学を期待していますか。 Answer 就職意欲があって、ものづくりの技術・技能を身につけたい方の入学です。
Question   勉強、就職活動をがんばっている学生にひとことお願いします。 Answer 自分が就職する職業を意識し、実践的な技能・技術の習得にむけてがんばってほしいです。
上へ戻る
一つ前へ戻る
各ページ掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 2011 静岡県ものづくり人材図鑑. All Rights Reserved.