静岡県内で、ものづくりに携わる職人・技能者や関連イベントをご紹介
  1. HOME静岡県ものづくり人材図鑑 > 職人・技能者
静岡県立あしたか職業訓練校 静岡県立あしたか職業訓練校 [静岡県立あしたか職業訓練校] 職業自立を目指して あしたか職業訓練校では、身体に障害のある方と知的に障害のある方が、自立を目指して1年間の職業訓練を行っています。
修了後はほぼ全員が就職し、各分野で活躍しています。
プロフィール [PROFILE]
施 設 名:静岡県立あしたか職業訓練校
住  所:静岡県沼津市宮本5-2
電話番号:055-924-4380
学科構成:コンピューター科・生産・サービス科(機械操作コース、加工組立コース、流通・環境コース)

入校資格:
<コンピューター科>・主として身体に障害のある方 ・高等学校を卒業した方、またはこれと同程度の学力を有すると認められる方
<生産・サービス科>・主として知的に障害のある方 ・知的障害者判定期間で知的障害を有すると判定された方や療育手帳を所持されている方など
定  員:コンピューター科10人(主として身体に障害のある方) 
     生産・サービス科40人(知的障害のある方)

訓練の特徴:
静岡県内に一つしかない障害者校。卒業後の就職率はほぼ100%。生産・サービス科は全寮制で、コンピューター科の通校は許可制。授業料無料。多くの設備が整っています。
一人ひとりの能力とレベルに合わせて
◇指導員に聞く:生産・サービス科 機械操作コース担当/遠藤 誠(えんどう まこと)さん

――授業で、こういった教え方をしている、心がけていることはどのようなことでしょう。

人の心は毎日おなじとは限りません。生徒たちの日々の様子を見て、教える内容を細かく調整して、一人ひとりに合った指導をするように心がけています。十人十色ですので、ある教え方が違う生徒にもおなじように理解しやすいとは言えません。レベルも低すぎず高すぎず、中間のレベルで教えることも大事にしています。そのなかで、意欲的に取り組んでいる生徒には、少し難易度の高いことも教えます。機械を使うのでけがをしないように、安全にも気をつけています。

生徒一人一人の能力を見極めることはむずかしいですし、完全に把握することはできないかもしれません。はじめての授業のときに、わたしたち指導員が、いくら口で説明しても、生徒からみて理解しにくいこともあると思います。ですから、わたしたちが機械を使って実際につくって、わたしたちの技術を見せれば、生徒たちも納得してくれます。これが、一番説得力があると思っています。授業が楽しい雰囲気になるように楽しく会話して、生徒達のモチベーションが上がるようにしています。
人材になってほしい
――「学校の教育方針、特徴」を教えて下さい。

主として身体に障害のある方または、主として知的に障害のある方を対象に、個々の能力と適性に応じ、技能訓練、生活指導、体力向上を実施しながら訓練生の就業に対する意欲を高揚させています。また、1年間の寮生活(コンピュータ科については通校も可)により、社会への適応能力を高めます。

――ここを卒業したらどのような社会人になってほしいですか。

ここを卒業して、一人で歩いていくときに、責任感がある社会人になってほしいですね。目の前の仕事をまじめにやって、社会に貢献して、会社からも「この生徒を雇ってよかった」と言われたらいいですね。欲を言えば機械加工の業界で名のとおった技術者になったらもっといい。生徒一人ひとりがいる環境、企業で認められる人材になってほしいし、幸せになることを望んでいます。
成長する生徒に感動
――生徒達に取得させる資格、免許。目標とする検定。学校で取得できる資格、免許などありましたら教えてください。

訓練校で、取得できる資格、免許はありません。ここでは、これから社会に出て自立して働いていくための基礎を教えています。生徒達には、いつの日か、旋盤の技能検定3級を取得してほしいです。

――指導員として感動したことや心に残っていることはどうでしょう。

生徒たちと一緒に物をつくりあげていくことは、いつも感動です。はじめは機械にふれたことがなく、なにも知らない生徒たちが、毎日勉強して少しずつ成長していきます。つくる物のきれいさも、目に見えてレベルが上がっていくし、それを見ているとほんとうにうれしい。たくさんの失敗もあります。でも、失敗してもめげずに挑戦する様子には感動します。機械操作コースの生徒は全寮制ですから、風邪をひいたりすると、よく病院に連れて行きます。それもいい思い出になっています。
学科の紹介
≪コンピューター科≫ 
文章作成、表計算、簿記会計を中心にデータベース、ホームページ等を学びます。日商PC検定(文書作成、データ活用)、簿記検定等の資格取得を目指します。
≪生産・サービス科≫ 
生産・サービス科では、パソコン操作、環境美化、コミュニケーションなどの基礎的な技能を幅広く習得しながら、各コースに分かれて専門的な技能の訓練をします。
<機械操作コース> 
金属の手仕上げ加工や、工作機械の操作を学び、機械部品製作の基本的な技能の訓練をします。
<加工組立コース> 
電子、電気部品のハンダ付けなどの加工や、機械・器具の分解、組立の技能の訓練をします。
<流通・環境コース> 
販売業務などの知識・技能や、清掃業務の知識・技能などを身に付ける訓練を行います。
インタビュー [INTERVIEW]
Question   この仕事の魅力はなんですか? Answer 卒業するときに、生徒たちからお礼を言われることがうれしいです。無事就職もきまり卒業していく姿をみるといつも感動します。
Question   指導員になにが一番必要だと思いますか? Answer 生徒の面倒をみることができることです。そして、それぞれ生徒の性格や癖は違うので、生徒への気配りは欠かせません。
Question   この仕事の「やりがい」はなんですか? Answer 生徒一人一人が満足して、この学校を卒業していくこと。そのことに携われることが、この仕事のやりがいです。
上へ戻る
一つ前へ戻る
各ページ掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 2011 静岡県ものづくり人材図鑑. All Rights Reserved.