静岡県内で、ものづくりに携わる職人・技能者や関連イベントをご紹介
  1. HOME静岡県ものづくり人材図鑑 > 職人・技能者
西洋料理  蒔山 亮 選手 まきやま りょう [学校法人鈴木学園 中央調理製菓専門学校静岡校] 基本に忠実に グルメ番組がいつもテレビ・ラジオで流れ、グルメ特集の記事が新聞・雑誌をにぎわし、関連本がいくつも書店に積み上げられています。技能五輪全国大会に参加する選手の中から、ミシュランガイドの三ツ星が付くお店を持つシェフも出てきそうです。創造性と独創力を競う大会に出場する若い調理師の蒔山 亮さんも、大きな夢を持つ一人です。
プロフィール [PROFILE]
平成3年(1991年)4月7日生まれ 

静岡県立藤枝北高等学校 卒業
学校法人 鈴木学園 中央調理製菓専門学校 静岡校 2年生

学校法人 鈴木学園 中央調理製菓専門学校 静岡校
調理経営学科:実践的な経営の学習を行い、優れた技術と経営センスを持った真のプロ調理師を育成します。
製菓衛生師科:個性のある上質で新しい菓子やパンをつくることができる優秀な技術者を育成します。
所在地:静岡市葵区栄町5ー16
技能五輪全国大会とは
青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会で、その目的は、次代を担う青年技能者に努力目標を与えるとともに、大会開催地域の若年者に優れた技能を身近にふれる機会を提供するなど、技能の重要性、必要性をアピールし、技能尊重機運の醸成を図ることにおかれています。
現在、全国大会は、原則として毎年11月に開催され、国際大会が開催される前の年の大会は、国際大会への派遣選手選考会をかねています。
全国大会の出場選手は、各都道府県職業能力開発協会などを通じて選抜された者(原則23才以下)としています。
西洋料理競技とは
おいしい西洋料理をつくるには、材料のチェック、下準備、調理、盛り付けなど、どの段階でも高い技能が必要となります。競技会では、各料理を指定された瞬間にもっともおいしい状態で提出しなければならず、時間配分の能力も不可欠です。「茹でる、蒸し煮、揚げる、炒める、ロースト」等の基本調理法が取り入れられ、調理技術の技を競い合います。
調理道具や調理器具の正しい使用方法や基本技術、味付け、盛り付け、衛生概念、作業態度など。更に調理後の後始末、材料の無駄、ガス・水道の使い方等も審査の対象となります。基本に忠実で、決められた時間内に仕上げ、お客様に喜んで食べて頂けることも審査の対象となります。
課題3品を7時間30分で調理
技能五輪全国大会でつくる料理(課題)は3品です。
第1課題【前菜】菜食主義料理(ベジタリアンメニュー) 共通食材の中からデンプンを含まなければならない規定があります。
第2課題【魚料理】2種の料理法を用います。3種の付け合わせとともに一皿に盛ります。(指定食材から2種類の魚介類を選択)
1つのソースを使用すること。3種の付け合わせ材料は、当日のミステリーボックスから選択する(当日に30%変更)と規定されています。
第3課題【デザート】チョコレートの1成分と他の2つの選択肢の成分を使用します。
このように細かな規定がある中、事前に公表されている指定食材の中から選び調理し料理を完成させなければなりません。また盛り付けにも規定があります。「1人前皿盛りで2皿提出、2人前はプラターなどに盛り付ける」となっています。味はもちろん見た目も重要です。
一皿に想いを込めてうつくしくおいしい料理に
蒔山選手はまず「食べる人のことを考えて」調理に集中するそうです。
競技課題で決められた材料と指定された調理方法を組み合わせ、担当の先生のアドバイスでメニューを考えました。前菜では、学校の教材で出てこなかったレンズ豆の調理方法で悩んだそうです。魚料理は海老と鮭を調理します。付け合わせの材料はミステリーボックスからの選択ですが、それぞれの材料に対する調理法は決めてあるので、当日変更になっても充分対応できる自信を持っています。デザートの練習は製菓の先生に特別に個人レッスンを受けました。完成品の写真とレシピを事前に提出しているので、間違えずに落ち着いておなじ料理に仕上げることを頭に入れて臨みます。競技会場が今通学している学校ということもあり「大きな緊張はないでしょう」と蒔山さんは、一皿に一皿に想いを込めて、うつくしくておいしい料理に、精一杯腕を振るう気持ちです。
インタビュー [INTERVIEW]
Question   この仕事をはじめたきっかけはなんですか? Answer 小さいころから料理が好きでよくつくっていましたが、高校1年の時に招かれた披露宴の料理に目を奪われ、高校2年の時には調理の専門学校への進学を決意していました。
Question   競技選手として、選抜された「理由」を教えてください。 Answer 技術コンクールや校内選考を経て、一番やる気が見えたからと担当の講師から聞きました。自分の良い経験になればと思い出場を決意しました。

 〜調理経営学科 教務係長 中山 一仁 先生のお話〜
実務経験を積んだ人達との実力差はあると思います。本人の力試しになれば良い経験になるでしょう。毎日の授業で生徒達に時間を意識させています。蒔山君はおっとりした性格なので競技会の時間制限には注意してもらいたいですね。
Question   第49回技能五輪全国大会への「意気込み」をお願いします。 Answer 入賞は難しいと思いますが、自分の力試しのつもりで挑戦します。

右の写真は技能五輪全国大会に事前提出された第3課題デザートです。
上へ戻る
一つ前へ戻る
各ページ掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 2011 静岡県ものづくり人材図鑑. All Rights Reserved.