静岡県内で、ものづくりに携わる職人・技能者や関連イベントをご紹介
  1. HOME静岡県ものづくり人材図鑑 > 職人・技能者
洋 裁 石川 景惟 選手 いしかわ けい [静岡デザイン専門学校] ものづくりが好き、洋裁が大好き 高校時代に手芸部に入部したのがきっかけで、洋裁の道へ進んだ石川景惟さん。「知れば知るほど洋裁の魅力に引き込まれていきます。昔から出たかった技能五輪。去年は予選にて優良賞。今年はもっと上位を目指します」と、大会が待ち遠しそうです。来年は専門学校を卒業して、洋裁の奥深さを極めようと、ステップアップを目指します。
プロフィール [PROFILE]
平成3年(1991年)1月20日生まれ

静岡県富士市 出身
平成21年3月 私立 富士見高等学校 普通科 卒業
平成21年4月 静岡デザイン専門学校 ファッションデザイン科 入学

≪過去の受賞歴≫
平成22年 技能五輪洋裁職種 静岡県予選大会 優良賞

静岡デザイン専門学校
学生・企業から満足度NO.1といわれる学校を目指す
ファッションデザイン科/プロダクトデザイン科/空間クリエイト科/グラフィックデザイン科/ファッションビジネス科/ブライダル・ビューティー科/
フラワービジネス科 学科・コースあり
所在地:静岡市葵区鷹匠2丁目19-15
技能五輪全国大会とは
青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会で、その目的は、次代を担う青年技能者に努力目標を与えるとともに、大会開催地域の若年者に優れた技能を身近にふれる機会を提供するなど、技能の重要性、必要性をアピールし、技能尊重機運の醸成を図ることにおかれています。
現在、全国大会は、原則として毎年11月に開催され、国際大会が開催される前の年の大会は、国際大会への派遣選手選考会をかねています。
全国大会の出場選手は、各都道府県職業能力開発協会などを通じて選抜された者(原則23才以下)としています。
「洋裁」競技とは
洋裁は高度な技能です。一枚の布地の裁断から、縫製、アイロンかけまで、それぞれの高度な技能の集合体。ひと針、ひと針に込める思いが、美しい服を生み出します。それが婦人服です。

競技大会での課題と内容を石川選手に伺いました。(一部参考)
競技課題は与えられた材料からオーダー仕立ての「ジャケット製作」。

作業の要点として、上襟(うわえり)、ラペルの左右均 左胸 両玉縁ポケットの上下幅が同じ、両端の角は左右平行に仕上げらることが求められます。袖口は、外側スリット 縫い目は毛抜き合わせ、スリットは外袖、内袖 同寸法に仕上げることが重要で、上衿、袖口のステッチがアクセントです。今回は直線の美しさを左右均等に仕上げることが要求されます。
シルエットを大事に
石川さんは、いま卒業制作に大忙しです。作品は、来年(2012年)2月にグランシップで行われる、卒業制作展のファションショーで披露されます。4〜5名でチームを組み、コンセプトを決め、チーム全員が納得するまで打ち合わせやデザイン画を描きます。各自が1着ずつ作品を製作していきます。

製作過程でいつも大事にしているのは、洋服の「シルエット」。 
どんなに丁寧に縫い合わせても、きれいな形ができないと着用したときにうつくしく見えません。とくに肩まわりや襟などは、最初に目がいくところなのでより一層注意を払って作業しているとのこと。まず、最初にアイロンをあて、生地にクセをつけていきます。ここで上手にアイロンをかけられるかどうかによって洋服の完成度が変わってしまいます。「アイロンがすべて」と言っても過言ではないぐらい大事な工程だそうです。
よいものをつくりあげる基本は、こまやかな気遣いです。
ジャケットのリボンにこだわり
石川さんは卒業後、縫製関係の仕事を希望しています。
また「できれば一流の技能士さんについて、熟練した技を間近に見ながら一緒に仕事がしたい」と、技能をみがいて、「自分も一流に」の夢を持っているようです。その「夢」に向かって放課後は、ベテランの洋裁職人さんのもとで猛訓練です。いずれ仕立てを含めすべてができるようになりたいからです。

競技大会では、婦人服のジャケット制作を課題にしています。
こだわりは、ジャケットについているリボンを立体的に滑らかな丸みをだすことです。「裏地と表地を縫い合わせる技術はでき上がりの形を大きく左右するので丁寧な製作」にポイントをおきます。

大会では、制限時間(2日間で10時間)があるので、作業を手早くできるようすることも重要とのこと。大会へ向けて…未来に向けて…石川さんは一針に思いを込めます。
インタビュー [INTERVIEW]
Question   この仕事(静岡デザイン専門学校に入学)のきっかけはなんですか? Answer もともとものづくりが好きでした。高校生の時、手芸部に入ったのをきっかけに洋裁が好きになり、この道に進みたいと思い、静岡デザイン専門学校に入学しました。
Question   技能五輪全国大会に出場する「理由」を教えてください。 Answer 自分がどこまでできるのか挑戦してみたいのが理由です。自分の今のレベルを知ることもできます。また多くの方々のレベルも知ることができることも理由の一つです。高校生の時から技能五輪に興味があって出たかったので出場を決意しました。
Question   第49回 技能五輪全国大会への「意気込み」をお願いします。 Answer 昨年は優良賞だったので今年はそれ以上の成績をとりたいです。
時間の配分がうまくできなかったので、ことしは反省を活かしたいです。目指すは優勝です。
Question   第49回技能五輪全国大会 「敢闘賞」受賞 おめでとうございます! Answer 第49回技能五輪全国大会において
競技職種:洋 裁  
石川 景惟 選手がみごと「敢闘賞」受賞されました!
 

この度の栄えある受賞を、心よりお祝い申し上げます。
上へ戻る
一つ前へ戻る
各ページ掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 2011 静岡県ものづくり人材図鑑. All Rights Reserved.