静岡県内で、ものづくりに携わる職人・技能者や関連イベントをご紹介
  1. HOME静岡県ものづくり人材図鑑 > 職人・技能者
電気メッキ工 浅田 孝 あさだ たかし [丸長鍍金株式会社] メッキに魅せられて 性質のちがう物質を混ぜ合わせると、それが反応しあって、ちがった性質を持つ新しい物質が生まれます。物と物との関係には不思議な力があります。この反応を研究するのが化学です。浅田孝さんは、昔から化学実験が好きでした。きっと、実験の結果におどろきや不思議さ、おもしろさを感じたのでしょう。物質を構成する分子や原子にまで突き詰めて研究する姿勢、化学的態度が電気メッキという仕事にもつながっています。
プロフィール [PROFILE]
生年月日…昭和5年(1930年)5月29日
出身地……静岡県沼津市
所在地……[丸長鍍金株式会社]静岡市清水区西大曲町12-3 

静岡県立沼津工業高校(工業化学科)卒業
静岡富士時計株式会社入社、同社が解散したのち、昭和25年(1950年)同社の先輩3人と丸長鍍金株式会社設立

◆平成18年(2006年) 厚生労働大臣表彰「卓越した技能者」
◆平成20年(2008年) 黄綬褒章
◆平成20年(2008年) 静岡県技能マイスター
卓越した技能者「現代の名工」とは
きわめてすぐれた技能を有する者で、現に表彰に係る技能を要する職業に従事している者。技能を通じて労働者の福祉の増進及び産業の発展に寄与した者。他の技能者の模範と認められる者。前記すべての要件を充たす者であって、都道府県知事、全国的な規模の事業を行う事業主団体若しくはその連合体又は一般社団法人若しくは一般財団法人からの推薦により厚生労働大臣が技能者表彰審査委員の意見を聴いて認定された者。
広く社会一般に技能尊重の気風を浸透させ、技能者の地位及び技能水準の向上を図るとともに、技能の世界で活躍する職人や、技能の世界を志す若者に目標を示し、夢と希望を与えることを目的としています。

・・・・・電気メッキとは・・・・・
対象物を電解溶液の中に入れ電流を流すことによって表面にメッキすること
丁寧さと緻密さで高品質に
メッキの品質の決め手の一つが銀鏡(銀の被膜で鏡などについているもの)を塗る工程があります。
メッキする対象によごれや油カスなどが付着していてはムラが出てしまいますから、丁寧にふき取ります。そして、銀鏡を吹き付けるわけですが、この拭きつけいかんが、本メッキの良し悪しを左右します。

さて、本メッキですがここからが職人の腕です。
本メッキをつけるには電気を流します。一気に流すと焦げてしまいます。ゆっくりいたわるようにアンペアをチェックしながら流します。アンペアの数値が平均して流れていれば、いいメッキに仕上がります。電気メッキの技も、一つひとつの工程に丁寧さと緻密さを欠くと、高品質のメッキにはなりません。
最高の品質を求めて
浅田さんがもっとも注意をかたむけているのは、本メッキの液体(電解液)の管理です。
液体を常に最高の状態にしておくことによって、対象につくメッキの量が均一となり、ムラも出ません。均一にメッキを施すには技が必要です。メッキをほどこす物によって、液体の濃さ、液体にひたす時間がちがいますし、時間がたつに従って液体の濃度が低くなっていきます。それをしっかり把握して調節します。物によっては半月近くつける場合もあります、その間液体が薄まらないように、厳重に管理します。これは根気と確かな目がものを言います。

浅田さんたちが丸長鍍金を創立したときは、浅田さんもメッキの知識も技能もあまり持ち合わせていませんでしたし、教えてくれる先輩も身近にいませんでした。ほとんど独学と言ってもいいでしょう。液体の管理、ひたす最適な時間などを、高品質のメッキ製品をつくりあげるための試行錯誤を繰り返しました。
苦労は想い出と糧(かて)になりました。
丸長鍍金(まるちょうめっき)を創業した戦後まもないころは、日本全国が電力不足の時代でした。電気を使う浅田さんのような仕事は、昼間は思うように作業できませんでした。夜、多くの工場が操業をやめ、家庭が寝静まったころが、浅田さんたちの仕事が本格稼動する時間だったようです。この時代の苦労話はどのような職業にもありますが、工夫や集中力、時間の大切さ、置かれた状況への適切な対応など、いまの浅田さんのベースとなっているのでしょう。

「この仕事が好き、いいものをつくりたい」、職人としては当たり前の心構えですが、仕事への情熱がなくては長い年月おなじ気持ちを持ちつづけられるものではありません。
インタビュー [INTERVIEW]
Question   この仕事を始めたきっかけはなんですか? Answer きっかけは小学生の時から、薬品がさわるのが好きで、実験ばかりやっていました。学校卒業後、富士時計に就職したが会社が解散し、その当時の先輩ともう一人で会社を創立したのがきっかけです。
Question   この仕事につくためになにが一番必要だと思いますか? Answer 薬品に関する知識や数学の勉強が不可欠ですね。
また電気化学の知識が必要になってきます。
Question   この仕事をしていてよかったことはなんですか? Answer 自分が好きなこの仕事を長年ずっと続けてきたことが一番うれしいです。


「現代の名工」に認定された際の技能功績の概要
電気メッキ技能、特にアルミ合金素材へのメッキ技能、電鋳の技能並びに、複雑形状素材に均一な膜厚のメッキ皮膜を施す技能等に卓越し、開発した処理法により電気・電子機器、医療機器等の高性能化を実現するとともに、後進技能者の育成に大きく貢献した。
上へ戻る
一つ前へ戻る
各ページ掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 2011 静岡県ものづくり人材図鑑. All Rights Reserved.